ホーム西神ノ川の生活>田畑の風景2

田畑の風景2(追加中)

ソーラーパネルと猪よけの電柵を組みあわせました。

漬物にするために大根を干しています。

山からワイヤーをはっています。梅畑でつちかった技術です。

すすきを刈り取り、チップにしています。

きのこ。

コケ。

ペットボトルを使って電柵を作っています。

寒い日は花びらが閉じるんですね。2月。

山のほうの畑は携帯が「圏外」です。軽トラの上に置いた補助アンテナとスピーカー(着信音を大きくするため)を携帯につなぎ、「圏外」を解消しています。

種をまき、籾殻をかけています。保水・保温のためです。

田んぼの土作り。春の田植えに向け、冬の間に土作りをしています。

昨年刈り取った藁は持ち出さず、田んぼに残しています。

地上部が2つに分かれた大根を発見。

つくし。すごく深くまで根をはっています。

わらび。4月。

5月。

あやめ。5月。

暑い晴天の日が続いたため、エンジンポンプで小川から水を汲み上げて畑に入れました。7月。

さくらんぼが実をつけました。5月。

つばめの巣づくり。5月。

育ち始めた稲の苗。5月。

ウコンの花。6月。

稲刈り後の田んぼに種を蒔いたナバナが生えてきました。11月。

ゆずが黄色く色づいてきました。11月。

「もずのはやにえ」12月。

百舌鳥が、獲ったバッタを木の枝にさしていました。

 

山の畑の苔がきれいです。

3月中旬。

 

ごんぱち(イタドリ)。
和歌山で人気のある山菜ですが、アク抜きにコツがあります。アク抜きに失敗すると、酸っぱすぎて食べられません。
4月中旬。

 

山蕗。

他の山菜より少し遅れ、5月、山蕗の季節です。

 

さくらんぼが赤くなりました。「発送終了まで、鳥さん食べないで~。」
5月上旬。

 

山桑の実。

山に自生する種類の桑で、実も葉も、とても小さいです。

実は甘く、葉は山桑茶になります。

5月下旬。

 

ドクダミの花。

白い部分は、花びらではありません。

花は、黄色い部分、小さな花が密集しています。

5月下旬。

 

果樹の下、コンニャクが増え、野生化してきました。
こちらは、家庭でコンニャクを作る文化が、今も息づく地域です。

6月下旬。

 

ウマブドウが色づきました。

焼酎漬けや酢漬けにして、健康維持に重宝される植物です。

11月上旬。

 

木の枝に、百舌鳥の「はやにえ」(冬、百舌鳥が虫を枝に刺した保存食)を見る季節になりました。バッタが「はやにえ」にされているのはよく見かけるのですが、今年は、百足が枝に刺されていました。

12月上旬。

 

冷え込む朝は、畑で、霜柱が見られます。

1月上旬。

 

寒い冬。梅の木には、小さなつぼみができてきています。

1月上旬。

 

2021年218日は、旧暦の七草です。新暦17日には、ほとんど生えていなかった七草が、旧暦七草には、小さな姿をあらわしてきました。

ただ、摘むのが可哀そうなくらい、まだ小さいです。そのため毎年、七草粥は作らず、宝探しのように七草を見つけて楽しむだけになっています。

 

 

せり

 

 

なずな(ぺんぺん草)

 

ごぎょう(母子草)

 

はこべら(ハコベ)

 

ほとけのざ(コオニタビラコかオニタビラコ<たぶん>)

 

すずしろ(大根)

海苔の養殖網のリサイクルです!

 

 

春に植え替えするツル植物のために、網を張りました。紫や緑など、カラフルで丈夫です。

 

鹿・イノシシ除けとして、畑の周囲にも使っています。

 

 

九州有明の海で仕事していた網が、今度は和歌山県の山あいの畑で大活躍です。

 

サンショウの花。
4月中旬。

 

コンニャクに紫色の花が咲いています。

香りは、芳香とは言い難く、腐敗臭という感じです。

 

4月下旬。

 

 

イタドリは、2メートル以上の高さに成長します。

(もう、竹のように硬く、食べられません。)
「虎杖(イタドリ)」の字の通り、軽く丈夫な杖にできます。
4月下旬。

 

 

大王松の新芽(白い部分)。

4月下旬。

 

 

緑のサヤ(種)をつけた大根と小さいハチの巣。

自然農法の畑では、小さい生き物の営みをたくさん目にします。
5月上旬。

 

 

 ノウゼンカズラ。

メジロ達が、にぎやかに、嘴を花の中に入れ、蜜を吸っています。
調べてみると、「鳥媒花」だそうです。

 

7月中旬。

 

 

畑の中の、草で作られた緑のボール。
野ねずみ(カヤネズミ?)の巣です。7月中旬。